• HOME
  • 解決事例
  • 【解決事例】離婚
  • 依頼者は、妻に結婚以来数年間同居を断られ、妻に再三離婚を申し出るも、妻は子供のことや将来のことが決まっていないと離婚を拒み続けていたところ、弁護士が交渉をし、離婚調停を申し立てることにより離婚
                    離  婚                         ポイント      
サポート前 妻は同居を拒みつつも、離婚を拒むという状態であった。 離婚意思がない相手方を本人同士の話し合いで離婚に応じさせることは非常に困難です。
サポート後 解決金なし、養育費月約1万円等を定めた調停が成立した。 本件では、依頼者の優先順位として離婚成立が一番高かったので、解決金なしという条件で離婚調停を成立させました。

事案の概要

 依頼者は、妻に結婚以来数年間同居を断られ、妻に再三離婚を申し出るも、妻は子供のことや将来のことが決まっていないと離婚を拒み続けていたところ、弁護士が交渉をし、離婚調停を申し立てることにより離婚が成立した。

弁護士のサポート

 協議離婚が成立しないことから、当初弁護士が代理人として離婚に向けて協議をしたが、相手方が強硬な姿勢でこれを拒むので、離婚調停を申立て、最終的に養育費月約1万円、解決金なし等を内容とする離婚調停が成立した。

弁護士からのコメント

 明確な離婚原因が認められない場合、裁判離婚が出来ないので相手方が離婚を拒む限り、離婚が出来ないと思われがちですが、粘り強く代理人が交渉や調停をすることにより離婚が成立する場合があります。
 当事務所では離婚訴訟の代理人だけではなく離婚調停の代理人も多く務めております。是非お気軽にご相談ください。