• HOME
  • 離婚はせずに慰謝料請求する

離婚はせずに慰謝料請求する

   
「今後の生活や供の将来のことが不安なので、離婚はしたくないが、夫(妻)やその浮気相手には慰謝料は請求したい」
 
このように、離婚はしないが、夫(妻)やその浮気相手に慰謝料請求はできるのかという質問が当事務所にもよくあります。
結論として、慰謝料請求は可能です。
慰謝料請求は、不貞行為をされた配偶者の精神的苦痛を賠償するものという側面のほかに、夫(妻)の浮気をやめさせる(交際を解消させる)のにも効果的です。

慰謝料請求をすることで、相手に「悪いことをしたのだ」と自覚を持ってもらうことに加え、不貞行為によるリスクの大きさをわかってもらうことができます。特に、出来心のために浮気してしまったという場合には、より効果的です。
「夫(妻)の浮気をやめさせたいので、慰謝料が請求がしたい」
という場合にも慰謝料請求をすることを検討してみてもよいでしょう。
 

慰謝料の相場はいくらが妥当か

慰謝料は、精神的苦痛の賠償としての金額ですので請求自体はいくらでも構わないのですが、例えば主観的に自身の精神的苦痛は1000万円以上のものだと考えても、客観的にみた場合にはそれほどの賠償金額にならないケースが多いと思われます。
 
また、あまりにも高額な金額を請求すると、そもそも話し合いでの解決は困難になるケースが多く、解決できないあるいは解決まで長期間を要することは必至です。
 
したがって、早期解決を目指すには現実的な金額での請求を行う必要があります。
慰謝料の認められる金額としては、不貞行為を行った期間や回数、悪質さにより変わってきますが、大体の相場は数十万円~200万円というところでしょう。
 
弁護士に相談するタイミングとしては、夫(妻)が浮気しているかもしれないと疑うことがあった段階で相談されることをおすすめします。この段階で弁護士に相談するのは、少し早すぎるのではないかと思われるかもしれませんが、不貞の証拠をつかむ前に方針を固めておいて実際に行動に移す方が、やみくもに証拠探しをするよりも圧倒的に効果的なことが多いです。

そのためにも、慰謝料請求の経験が豊富な弁護士に相談しておくことで、今後のことを冷静に考えた行動が取れるでしょう。
 
慰謝料請求をお考えの方は、一度お気軽に当事務所までご相談ください。あなたのために最適な方法のご提案をいたします。
 
   
慰謝料請求をする場合、まずは「話し合い」ということになります。
 
話し合いにあたってあなたが考えなければいけないのは、感情的にならずにあくまで冷静に請求をしていくということです。冷静さを欠いた請求は、事を急いだり、些末なことに気をとられて、何かを見落としたりしまうなどデメリットのほうが圧倒的に多くなります。ですので、感情は内に秘めた状態で冷静に行動することを心がけましょう。

 

慰謝料請求の関連ページ

慰謝料について

不倫相手への慰謝料請求について

妻(嫁)が浮気しているかもしれない

夫(旦那)が浮気しているかもしれない

離婚はせずに慰謝料請求する

ダブル不倫など双方に原因があった場合

離婚後の慰謝料請求について

婚約破棄の慰謝料請求

内縁破棄の慰謝料請求

 

離婚・不倫慰謝料請求のご相談は、みなみ総合法律事務所

弁護士紹介

 

事務所紹介

 

解決事例

サポートプラン(料金表)

 

ご相談の流れ            

 

当事務所が選ばれる5つの理由

宮崎オフィス

 

都城オフィス

 

延岡オフィス

rikonbanner.png
離婚相談のご予約 0120-6666-40

弁護士紹介はこちら