選ばれる5つの理由

  • アクセスも抜群地域密着型のサポート体制

    詳しくはこちら

  • 圧倒的な満足度豊富な解決事例

    詳しくはこちら

  • スピード解決重視の取り組み

    詳しくはこちら

  • 高い専門性財産分与・慰謝料に強み

    詳しくはこちら

  • ご要望に応じた充実のカウンセリングメニュー

    詳しくはこちら

  • 推薦者の声
  •  
  •  
依頼者の夫が不貞行為を行っており、不貞行為を理由として離婚及び慰謝料を請求し、離婚調停を経て、離婚訴訟において、離婚及び慰謝料約350万円の支払いを内容とする和解が成立した事例。

年間400件以上の離婚・不倫慰謝料請求案件の相談実績!

不貞行為相手に対する慰謝料請求について

不倫を理由に不倫相手に対し、慰謝料約100万円を回収した事例 特に不倫相手は資力が乏しい事例

離婚を伴う不倫を理由として慰謝料請求として約200万円の一括払いを求められたが、訴訟等を通じて、約50万円の分割払いで和解することができた事例

不倫を理由に不倫相手の妻から慰謝料約200万円の支払いを求められた事案。相手方には弁護士がついていた事例


依頼者と内縁関係にあった相手方の代理人弁護士から、内縁関係解消の原因は依頼者の不貞行為であるとして500万円の慰謝料を請求された事案。

不倫を理由とする慰謝料請求として約300万円の支払を求められたが,交渉を通じて,約50万円で和解することができた事例

不貞相手の妻から弁護士費用を含め約330万円の慰謝料を請求されたが、約180万円の慰謝料を支払うとの内容で訴訟上の和解が成立した事例

依頼者の夫が不貞行為を行っており、不貞行為を理由として離婚及び慰謝料を請求し、離婚調停を経て、離婚訴訟において、離婚及び慰謝料約350万円の支払いを内容とする和解が成立した事例。

 

養育費について

養育費の減額調停の申立てにおいて、養育費額を0円とできた事例

妻が,夫に対し離婚請求した事件。不貞行為等は無かったものの,交渉の結果,離婚が成立し,財産分与約400万円,養育費約10万円を獲得した上,子の親権も獲得した事案。

養育費の話は出ているものの養育費の未払いがあった場合に備えたいという依頼者の意向を考慮し,離婚条件について公正証書を作成した事例
 

財産分与について

財産分与調停にて、住居兼事業所の不動産を取得できた事例


 

モラルハラスメントについて

モラルハラスメントを受けていた妻側が親権を獲得して任意交渉で離婚が成立した事例
 

婚姻費用について

相手方は会社員。離婚を考え別居をしていたものの,相手方である夫が,婚姻費用の支払いに応じなかったため,弁護士が婚姻費用を請求した事件。婚姻費用月額4万円,ボーナス月10万円の婚姻費用を獲得した事案。調停1期日目で調停成立した

離婚

妻から,請求した事件。夫は公務員,妻は無職。不貞行為や直接的な暴力等は無かったものの,調停の結果,離婚が成立した。また,妻から多額の財産分与,慰謝料,養育費,婚姻費用が請求されていたが,大幅に減額することができた。また,面会交流も応じてもらうことができたという事案。

依頼者が、相手方から離婚調停を申し立てられ、財産分与として依頼者の退職金や保険の解約返戻金、預貯金、不動産の2分の1相当額、及び離婚慰謝料を請求されていたという事例において、離婚の合意を前提としつつ、財産分与対象財産を退職金のみに限定した上、必要な控除をなし、その他財産分与、慰謝料の請求については清算条項を設けて離婚調停を成立させた事例。


子供を連れて他県の実家に帰り離婚届を一方的に送ってきた妻との関係で離婚届を出そうとしたら不受理届を出されて離婚届が提出できず離婚自体を渋られたため、やむを得ず離婚調停を申立て、調停に代わる審判が下されて離婚が成立した事例

精神疾患を持つ妻の異常言動を理由に離婚調停を申し立てたものの、調停期日前に離婚協議が成立して離婚公正証書を作成して離婚が成立した事例

依頼者は、夫の暴力がきっかけになり子供を連れて家を出たところ、離婚の条件(親権、養育費、財産分与、慰謝料等)で折り合いがつかず離婚に至らない状態が続いていたが、離婚調停を申し立て、離婚が成立した事例。


依頼者とその妻は結婚直後に折り合いが悪くなり、生まれたばかりの子供がいたが別居するに至り、妻が離婚調停及び婚姻費用請求調停を申立て、慰謝料約100万円を解決金約7万円に減額し調停が成立した事例

 

  • 不貞相手に慰謝料請求したい
  • 配偶者との別居を考えている
離婚相談のご予約 0120-6666-40

弁護士紹介はこちら

相談から離婚までの全体像

相談から離婚までの全体像

基礎知識

離婚とお金慰謝料財産分与年金分割婚姻費用分担請求
離婚と子供親権面会交流養育費監護権
離婚の種類協議離婚調停離婚審判離婚裁判離婚
離婚後の生活医療保険戸籍と姓公的扶助再婚

宮崎で男女のトラブルでお悩みの皆様へ

宮崎は県全体での離婚率において、全国平均より高く、この10年で宮崎では20~25%を維持しています。これは件数でみると年間2300~3000件の離婚が成立しているという状態です。実は、宮崎のこの数値は全国でも4番目に低いということが報告されました。宮崎より高い地域としては、沖縄県、北海道、大阪府のみということです。

宮崎の離婚率について、過去最高だったのは平成15年であり、そこからは基本的には減少傾向となっています。

また宮崎の県民性としてもどちらかと言えば離婚を我慢しない傾向にあるようです。日本には離婚を我慢する県民性を持った地域も存在します。その点、宮崎の皆様には、賢く離婚していただくためにも(あるいは離婚しないという選択をする上でも)、専門家の活用をお勧めしたいと思います。

弁護士とカウンセラーによる相談をご活用いただき、皆様の周りで男女問題にお悩みの方に少しでも早く解決の糸口が見つかるよう、宮崎の専門家が全力でサポートします。