内容                           ポイント      
サポート前 相手方代理人弁護士から500万円の慰謝料請求がされていた。 相手方代理人弁護士が慰謝料請求の根拠として主張した依頼者の不貞は事実ではないものでしたが、相手方は不貞の事実を推認するともとれる証拠を作成しているようでした。
サポート後 相手方が請求を断念した。 相手方に代理人がついている場合であっても、粘り強く交渉をすることによって、相手方が請求を断念することがあります。

事案の概要

 依頼者と内縁関係にあった相手方の代理人弁護士から、内縁関係解消の原因は依頼者の不貞行為であるとして500万円の慰謝料を請求された事案。
 

弁護士のサポート

 依頼者の代理人として、相手方代理人弁護士と交渉をし、最終的に相手方は慰謝料請求を断念しました。

弁護士からのコメント

 相手方に代理人弁護士が就いているからといって、相手方の請求が全て妥当なものとは限りません。事実に基づかない請求には断固とした対応をすべきです。
 しかし、ご本人だけが相手方代理人弁護士と交渉をすることは、精神的負担も大きく、また、ご本人に不利な発言をしてしまう危険性もあります。
 本件では、弁護士が相手方代理人弁護士に対して粘り強く交渉をし、適切な主張をすることによって、最終的には相手方に請求を断念することができました。
 当事務所では、内縁関係についての不貞慰謝料請求事件を積極的に取り扱っておりますので、是非お気軽にご相談ください。